屋根・外壁の専門店。雨漏り修理もおまかせください!/宝塚市・川西市・伊丹市・西宮市・三田市・猪名川町・能勢町ほか

HOME >> 外壁のリフォーム:工事の流れ / 塗装とレンガタイル貼り

工事の流れ

工事の流れの図

塗装とレンガタイル貼り

510ごとうの「外壁レンガタイル貼り」

どんなに汚れに強く耐久性のある「塗装」でも、年月を経て厳しい天候の刺激を受け続けると、色あせやシミ、ひび割れが目立ってきます。外壁の傷みを放っておくと家を傷めるばかりか、外から目に付きやすいため家全体のイメージを悪くしてしまいます。

一般的に、新築から10年ほどが最初の塗り直し時期の目安と言われています。そして、次の塗り直しは7年後、3回目は5年後というようにだんだん耐用年数は短くなります。新しい塗装は古い塗装の上から塗りますが下地がはがれてしまうため、それ以上の重ね塗りはお勧めできません。また、壁の症状によって向いている塗装の厚さ・種類がありますが、塗り替えることを考えると、あまり高価なものを選ぶ必要はないでしょう。

ここでお勧めなのが、「外壁レンガタイル貼り」です。壁面の塗装を削り取り、下地の上に直接弾力性のある接着剤を一面に塗って、その上に水に浮かぶほど軽いセラミックレンガタイルを一枚ずつ貼り付けていきます。雨が降ってもレンガタイルは水を吸収しないので、建物に負担をかけずに壁が強くなります。

イメージ施工後は、家屋の外観が見違えるように高級になり、趣が出ます。汚れが付いたら水洗いできますが、基本的にメンテナンスは不要。断熱性能による省エネ効果も期待できます。長い目で見ると「塗装」よりも「レンガタイル貼り」の方が安上がりになります。


セラミックレンガタイルの「施工面積」は自由(1坪だけでも)ですので、ご予算やご意向に沿って、人通りの多い方角の壁面だけや、玄関回りだけ、角だけというような選択も可能です。また、豊富な「カラーバリエーション」が、和風から洋風まで多彩な表情を作り出します。
★イメージをつかみたい時は、「CGシミュレーションサービス」をご利用下さい。

施工面積選択の例

  イメージ  
  ↓  
イメージ イメージ イメージ

カラーバリエーションの例

イメージ イメージ イメージ イメージ
イメージ イメージ イメージ

ページのTOPへもどる

copyright(c)後藤商店 All rights reserved.
HOMEへもどる